初めてのキャッシングと消費者金融

先日初めてキャッシングを利用しました。

エポスゴールドカード(マルイ)を持っています。作った時にキャッシングを付けるかどうか聞かれたかどうか忘れちゃいましたが、キャッシング機能付きカードです。

リボ払いの月々の返済金額変更し忘れで現金が足りなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

インターネットで簡単にいくら借りれるのかが調べられるのですが、私の場合は50万でした。(カードの利用上限額はこれとは別に150万)
キャッシングとは、よくわからなかったのですが、一言でいうと、「カード会社から借金する」ということです。

今回の場合は、エポスカードの支払いにエポスカードのキャッシングを使って返済するという状況でした。

あとから聞いたのですが、普通に融資をしてくれる会社より5%くらい高いそうで、ちょっとショック。

短期的に借りれる、収入がちゃんと入る見込みがあるなら、とっても便利だと思いますが、ちゃんと管理する必要があるなと感じました。

今後、現金が足りなくなった時の最後の砦として、利用したいと思います。

キャッシングのお陰で助かりましたが。

今日もキャッシングをして一日をしのぎました。

家賃の支払い期日が迫っており、且つメインで使用しているカード会社の支払いが延滞していたため他のカードでキャッシングして支払ったのです。完全に自転車操業状態に陥ってしまっています。

ここ数年はこのような感じの生活が続いています。

歯車が狂ったのは中途で入った会社が業績不振でリストラを実施したためです。

自分も当然のことながら会社を去るべき人間としてリストアップされてしまい辞めることになりました。

わずかばかりの退職金が入りましたが社宅で暮らしていたため家を引き払うことに。

新しい仕事探しの前に家探しがスタートしたのです。ただ職がない者に家を借りることが出来ずしばらくの間は元の同僚の自宅に居候させてもらい職探しをしたのです。

仕事も家も見つかったのですが手元の資金がほぼ底をついてしまいキャッシングのお世話になることになりました。

生活はキャッシングのお陰で立て直すことができました。ただ今も多額の返済があり少ない給料の中からほそぼそと生活しています。

未来の自分への借金

私は、度々キャッシングを利用します。
それは、年に何度か、まとまったお金が必要なためです。

しかし、期間限定で、このキャッシング生活は、おそらく来年までの予定、予定?なのです。予定は未定ですが。

しかし、キャッシングする度、ふと頭をよぎる言葉があります。それは、キャッシングは未来の自分からの借金。です。
もちろん、それはよーく分かっています。

しかし、キャッシングしなければならない理由があるのです。

つらい~。私は、未来の自分の首を自分で締めているのですから。
うーん、何年間、絞められ続けるのでしょうか。

早くこのキャッシング生活も終わらせたいのですが、一度、借りてしまうと癖がついてしまいます。
キャッシング癖。これが、なかなか抜けません。

ご利用は、計画的に。
私は思う。計画的な人は、こんなキャッシングスパイラルにははまらないのではないか。

いわば、これまで私の人生、計画的な事など何一つない気がしてきました。

キャッシングとカードローンの違い

急な出費が発生したのに手元にお金がないとき、お金を借りる方法として「キャッシング」や「カードローン」があります。

では、キャッシングとカードローン、どちらの方法で借りればよいのでしょうか。
キャッシングとカードローンの違いは返済方法にあります。

通常、キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いになります。

例えばクレジットカードについていたキャッシングで借入をした場合、翌月(あるいは翌々月)には利息を付けた金額を一度に返済しなくてはいけませんが、カードローンについては毎月分割で返済をしていくことになります。

このため、キャッシングはカードローンより返済期間が短く、支払う利息が少なくてすむというメリットがあります。

今は急にお金が必要になったから借入をするけれども給料が入ったらその分すぐに返済できるといった場合にはキャッシングの方が若干お得なのですが、反対に今必要なお金は一度に返済できないようなまとまった額だといった場合にはカードローンを選ぶべきでしょう。

消費者金融

一昨年から生活費に困って消費者金融のカードロンを申請して利用させていただいてます。
最初は小さな金額で返金もできてスムーズに生活が送れていました。

少し足りない時に借りて翌月少ない金額を返金する。
とても楽にお金が入るので気楽な気持ちで借りていました。

ところがちりも積もればで計画もなくお金を引き出していた結果、借りれるマックスの金額になって返金のみになっていました。

小さい金額とはいえもともと生活資金に困ってかりていたので家庭医にはだいぶ負担になっていました。

それである程度返すことに専念をして何とかかえしきり次はここには手を出さなないようにしようと思っていました。

ところが旦那が勝手に手を出してまた軽い気持ちで借りたみたいで借り入れがどんどん膨らんで私に話をした時にはまた借りれ額いっぱいいっぱの状態でした。

計画的に借り入れをしていけばとても助かる機関だと思います。
ただ簡単にお金が手に入るので油断しているとついつい手を出してのちには大変なことになるかもしれないので、しっかりとした意思を持って利用していただけたらと思います。

甘く考えていた返済

私が、消費者金融でお金を借りたのは20代前半の時でした。
その頃、まだキャッシングや消費者金融についてもよくわかっていなかったし利子についても全然わかっていませんでした。

借りたのは4社ほどで、合計100万円ほどで、友達に貸すためのものでした。
学生時代に100万円ほどバイトで貯められたので、正直それほど返済が大変とも思わず借りてしまったのです。

むしろ、100万円くらいならすぐ返せるような気持ちでいました。

その友達に15分ほどなら何社かに借りられると聞き、4社にも借りてしまったんです。正直今となっては、馬鹿なことをしたと思いますがその頃は無知でした。

実際の返済が始まってみると、返すのは利子分のみのような現実に直面したのです。

ずっと90万円代から減らず、食費もなくなるほど苦しい生活がはじまりました。

当時一人暮らしだったため、かなり厳しい生活になってしまったのです。
そして、実際に貸した友達は借り逃げのように去っていき利用されたと思いました。

もちろん貸した私が悪いのですが、結局あまりに生活が苦しく実家に戻ることになり親にも迷惑をかけました。

実家に戻って、今まで家賃分に使っていたお金を全額返済に充てて何とか数年で返済しました。

本当に馬鹿でしたが安易に消費者金融でお金を借りてしまうことの怖さを若いころに知れてまだ良かったのかもしれません。

現在の借り入れ

現在2社から借り入れしています。
内1社はカードを2枚持っており、ひとつは借り入れ、もうひとつは借り換えです。

ある事情により正社員にならないようしている為、基本的に派遣社員ですが何ヶ月か一定した収入があれば審査は通ります。

額はそんなに高くないですが、助けてもらったことはたくさんあります。

銀行でカードローンを作り利用すると、期日を重視し払え払えと圧をかけてきますが、消費者金融は相談ができ、期日を伸ばしたり支払いが難しいときは最低額で提案もしてくれます。

消費者金融というイメージから、怖いとか雪だるま式など悪い印象ですが、借りてみたら案外普通です。

母体となる銀行も上場企業ばかりですし、むしろ非上場の地方銀行の方が僕は借りたくないです。

書面の送付についても配慮してくれるので、家族に変に思われたりしないでしょう。

ただ、未だに慣れないことが突然電話がかかってきて個人名で名乗られることです。

自分の携帯に連絡がくるわけですし、堂々と社名から名乗っていただく方が僕は安心です。

消費者金融では、むやみにお金を借りてはいけません!

消費者金融は、向いている人と向いていない人がいます。
最近私は向いてない部類に思えてきました。

何より仕事で給料がおりますと、その度に消費者金融のATMに走って、お金を振り込まなければなりません。

もともとは、ちょっと毎月の給料が足りないからアコムで借入をしたのですが、気がつかぬ間に借金が膨れ上がって、給料日になると貴重な昼休みを割いて返済をするのです。なんのために働いているのだろうと毎月思いました。

消費者金融は、一日でも振込を忘れると、電話が必ずかかってきます。ひどいこともたくさん言われました。

彼らには、会社を辞めさせられたとか、病気でひどい目に遭っていて今はもう働けないとか、通用しません。
とはいえ「借りたものは返さなければならない」というのは正論です。

その後、支払うことができなくなり自己破産をしてしまい、今はそれからもう10年以上経ちます。

消費者金融や、クレジットカードは目に見えないシステムですから。
一生懸命働いた給料を、毎月毎月、なんで消費者金融の膨大な利息のために費やさねばならなかったのでしょうか。

私のお金の使い方と価値観がそうさせたのもありますが、やはり利用は計画的でないと消費者金融などの借り入れは安易な考えで借りないほうが良いと思います。

友達が消費者金融を利用した時の話

インターネットをしていると消費者金融のバナー広告がよく目に付きます。

すると学生や主婦でも借り入れできる、審査に通りやすい、すぐに借りられるというようなフレーズがたくさんあることに気づきます。

今はそれだけ若い方や主婦が気軽に利用できるようになったということだと思いますが、以前友達がそんな消費者金融を利用した時のことを話してくれたことがあります。

その友達がまだ二十歳を過ぎてすぐのアルバイトをしていた頃、友達数人で旅行に行く計画を立て、その旅行代を消費者金融で借りたとのことでした。

借りた額は五万円とたいした金額ではなかったようですが、アルバイトしかしていなくても借りられるのかと私は驚いたものです。

アルバイトならちゃんとした所得証明のようなものもないだろうに、即日融資してもらえたというのですから本当に誰でも簡単に借りることができるみたいです。

もちろん借りた額が少なかったから審査が簡単だっただけだろうと思いますが、二十歳やそこらでも借り入れがスムーズにできるなら、さらに年齢が上の主婦などであれば、よりスムーズに借り入れができるのかもしれません。